ヒマラヤザクラ

スマートフォンでジモネタというアプリを見ていると、我が町内にヒマラヤザクラなる花が咲いているとのこと。関心を持ち場所の確認をしようとするも「撮影場所:×××町のとある公園」としか記されていない。よし!それでは町内のすべての公園を回って見よう、と意気込み出かける。何の事はない、常の散歩の遊歩道にそれらしきものを見付けた。それがこの写真だが花はアプリの写真と一緒なので多分間違いはないと思われる。そう言えば数日前に男の方が写真を撮っていたなと思い出す。ウィキペディアによるとヒマラヤが起源で東アジアに見られ、海抜1200mから2400mの高山の森に生える木のようだ。何故津波の心配をしなければならない低地の我が町内にあるのかは不明。ご関心のある方もおられるやも知れぬがこの咲いている場所は「××町のとある公園」と言うに留めておく(^_^)img_2377

今は4名

さる小規模の句会。当初は7名だったが、今は4名。私を除いていずれも80代とご高齢だ。その俳句に掛ける熱意には敬服し、学ぶところが多い句会でもある。句会が終わった後、幹事役の方が「遠いところから来て頂いて申し訳ないので、そろそろこの句会も」と静かに話し出す。私、暫し考えて「お互い、もうちょっと、がんばりましょう」と答える。この問答、今年だけで何回目だったか。

(写真は句会場の近所のショッピングセンター。不思議とポケモンが一匹も掴まらず)hankyu_nishinomiya_re0116_001-thumb-630xauto-245556

厳しかった夏

この夏の暑さにはホント参りました。肉体面、精神面の劣化、老化をしみじみ感じています。それでも、夕方の涼しいときは散歩に精を出し努力はしたのですが、追いつかなかったようです。その散歩に持参したのがスマートフォンに入ったポケモンGO、もっとも人の居ないところばかりの散歩ですのでポケモンの捕獲の成果はとんと進んでおりません(^^)(写真は、どうしても私が捕獲できないポケモン)

IMG_2224

誓子句集「妻」

IMG_2175 IMG_2180 IMG_2182

先生[註・山口誓子]が句集「妻」を下さる。これは五百部限定版で、先生のところにも少ししかなく、女の方だけにあげられるので三鬼さん[註・西東三鬼]にもあげてないよし。多佳子様[註・橋本多佳子]曰く「小花さん[註・堀内薫]は愛妻家だから特に下されるのです」と。(堀内薫の日記・昭和24年3月20日)

 

俳誌「ぽち袋」に掲載された一部だが、この誓子の「妻」を最近入手する。早速読もうとすると写真のように全ての頁の上部は紙が切られていないのだ。昭和24年発行の物資の欠乏した頃の本にはこのようなものもあったのかと改めて感心する。趣味で古い本を入手するだけだったら珍しいものとして、このままにしておくのだが、私は読むために入手した。家人に言わせたら「覗いて読んだら」とのことだが、読みにくいことこの上なし。珍品としてそのままにしておくべきか、誓子俳句に真向かうために切るべきかで悩んでいるところなのである。

 

ただ、誓子は妻を読むことに照れがあり、敢えて出版社にペーパーナイフを使うような装丁を求めたのでは、という疑いも捨てきれずにはいる。

酷暑の美人画展

IMG_2154

写真は泉屋博古館という博物館。京都の鹿が谷にある。住友の何代目かが蒐集した青銅器は見事だ。私は青銅器には関心は薄いが、同時に見られる企画展のチケットが入手出来たとき訪れる。数日前の酷暑の時は「上島鳳山と近代大阪の画家たち」と言うタイトルで美人画展だった。絵としては古いのかも知れないが、酷暑の中の観賞としては充分満足する。観賞者も数人。クーラーの効いた館内より緑の中庭を眺め続けているだけでも時間を忘れるものがあった。

ミニ路線バスの旅

月に1度の会議が自宅から車で10数分のところで開かれる。会議の後に乾杯があることもあり、いつもは電車・地下鉄を乗り継いで3、40分かけていた。と最寄りの駅から隣町まで走るバスが目的地の近くに停留所があることを知り、どんなものか乗車する。この路線は1時間に1本しか走っていない。バスに乗るのは久しく無く、更にこの路線に乗ったことは1度も無く、好奇心とちょっぴり不安感(^^)

 

するとバスは停留所では無いところに止まる。まもなく運転手さんのマイクの声「道を間違えいました。戻ります」「はは~ん、高架を上らねばならぬ所を下の道を行ってしまったんだな」と推測するも、Uターンはしない。「申し訳ありません。始発の停留所までもどります」とのアナウンスで、駅まで戻り、それから本来停まるはずの停留所に着いたのだった。何故そうしたかは不明だが、その間10数分のロス。結局会議には間に合わず遅刻を余儀なくさせられたのある。もうあのバスには二度と乗らん!(写真は降車したバスと停留所。バス待ちの長い列に驚く)IMG_2143

耐震補強

久しぶりに市役所に行く。すると写真の如くの耐震補強がなされていた。その威圧感は市民の地震対策への啓蒙にもなるように思える。こちらに来た用事はマイナンバーカードの取得の爲。説明してくれたお嬢さんはすらりと背の高い美人、野暮ったい事務服は着ておらずファッション性の高い衣服を纏って、やさしく丁寧にてきぱきと話しをしてくれる。当方、お嬢さんの顔ばかり見ていて、話の中身はとんと覚えておらず(>_<)市の職員も変わったな〜と感心はしたものの、もしかしたら派遣の人かなとも推測するが定かならず。

IMG_2119