防犯カメラ

写真の電信柱に設置されているものは防犯カメラなのではと思う。この電柱は我が家からホン近くに昔からあるのだが、カメラがいつ設置されたかは不明。幸いというか残念というか、我が家はカメラの死角にあたり、日々出入りする夫婦の一挙手一投足が撮られていることは無いようだ。ここで好奇心が湧いたのは「一体誰が防犯カメラを設置したんだ」と言うこと。早速、我が市のHPを見てみると、防犯に取り組んでいる団体が申請すると、全額に近い補助で設置される旨の記載があった。不確かなので団体名の記載は控えるが,これで大体の推測はついたのである。次なる好奇心は「誰がどこでこのカメラの映像を見ているんだろう」と言うこと。警察?市役所?警備会社?などに加えて、ご近所の方が管理しているかもと推理をめぐらせているが定かならず。兎にも角にも、防犯カメラの存在を知って以来、アホ夫婦はカメラに近付く度、vサイン、手を振る、黙礼等をして、チェックしている方に挨拶をしているのである(^^)(補則・最近ご近所と思われるが、面識の無い女性に親しげな会釈を受けている。)

「防犯カメラ」への2件のフィードバック

  1. ウチの近所の巨大自治会は毎年申請と設置を繰り返し「これ以上は補助ができません」と市に言わせるまであちこちに防犯カメラを設置したようです。

    1. 理屈ばかりごちゃごちゃいう先輩がそこの巨大自治会の役員をしているとか。さぞ市との話し合いには適した人材だったんだろうなと想像しています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です